額縁コンシェルジュ

お客様の「思い出を飾る」末積製額。

額縁コンシェルジュは、「額縁なんでも相談」のことです。

 

作品にどの額が合うのか、作品がどうすればかっこよく見えるか、作品を引き立てる額縁選びをお手伝いいたします。また当店の画材のについてもご質問ください。

 

「マット紙選びに迷う」

「画材 どれを選べばいいの?」

「絵を贈り物にしようと思うけど費用はどれくらい?」

 

など、なんでもお気軽にご相談ください。 

額装について

額装について、少しお話をします。

額装の役割は、大切なお客様の作品やコレクションの価値をより高めることです。

額には、アクリル板・厚み調節材・裏板がセットされています。

マット紙は作品が引き立つ色や素材を選びます。

末積製額では既製の額縁も多数取り揃えており、その場で選んでお持ち帰りいただけます。

またお好みの額縁で作品のサイズに合わせたオーダーメイド制作も承ります。

マット紙は作品を際立たせたり、作品を保護する役割があります。

約200種類の中から作品が映えるマット紙探しを、額縁コンシェルジュがお手伝いします。

コットンパルプ100%高品質マットです。美術館品質の保存用マットボードで長期保存に適しています。

※ご相談ください

紙を台紙に貼るときは、パーマセルテープという、和紙に近い素材でありながら丈夫で、糊のべたつきが残らないテープを使用して額装します。

左は普通のアクリル板、右側は高品質のミュージアム・アクリルです。室内蛍光灯などの映り込みを軽減し、中の作品がとても見やすくなります。

※ご相談ください


額装の事例

絵画だけでなく、さまざまな作品を額装いたします。額装の事例をご紹介いたします。

※画像をクリックすると詳細が表示されます。